キラワケブログR ~アニメと鉄道とごく稀に創作~

アニメや鉄道な日々を思い出した頃に綴る日記。

鉄道模型再収集開始 #80 モデルアイコン セキ8000/トミーテック 木製ワフ・ト 貨車まとめ15

NEC_1033.jpg 
まさかのキット組み

続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/10/09(月) 00:00:00|
  2. 鉄道模型(貨車)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鉄道模型再収集開始 #79 TOMIX 貨車まとめ14

NEC_1021_201710072347034cb.jpg 
復活 たから号!

続きを読む

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/10/08(日) 01:00:00|
  2. 鉄道模型(貨車)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鉄道模型再収集開始 #77 KATO ホキ5700/TOMIX ホキ800 貨車まとめ13

NEC_1012.jpg 
ホキ祭り!

続きを読む

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/10/03(火) 12:00:00|
  2. 鉄道模型(貨車)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鉄道模型再収集開始 #74 KATO/TOMIX/マイクロエース/河合商会 貨車まとめ12

NEC_0940.jpg 
4大(?)メーカーそろい踏み!
続きを読む

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/09/12(火) 00:00:00|
  2. 鉄道模型(貨車)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鉄道模型再収集開始 #54 KATO/マイクロエース 貨車まとめ11

画像がいい加減溜まってきてしまいました!

NEC_0647.jpg↑画像に含まれるのは紹介済み多し

続きを読む

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/07/14(金) 12:00:00|
  2. 鉄道模型(貨車)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鉄道模型再収集開始 #49 KATO 貨車まとめ10

NEC_0444_20170616004345fc5.jpg 
製品的には新しめ? な貨車2形式!

続きを読む

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/06/16(金) 01:11:00|
  2. 鉄道模型(貨車)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鉄道模型再収集開始 #48 TOMIX/KATO 貨車まとめ09

NEC_0419.jpg 
レトロ貨車まとめて入線!
続きを読む

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/06/12(月) 00:00:00|
  2. 鉄道模型(貨車)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鉄道模型再収集開始 #44 TOMIX 貨車まとめ08

じわじわ増える!

NEC_0336.jpg 

続きを読む

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/06/01(木) 00:00:00|
  2. 鉄道模型(貨車)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鉄道模型再収集開始 #34 TOMIX/KATO 貨車まとめ07

NEC_0172.jpg

もはや二軸貨車じゃない件に関して。 

続きを読む

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/04/04(火) 00:00:00|
  2. 鉄道模型(貨車)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鉄道模型再収集開始 #28 TOMIX 貨車まとめ06

気づけば買っている二軸貨車シリーズ!

TOMIX レム5000
NEC_0016_20170226131453b10.jpg

続きを読む

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/03/01(水) 00:00:00|
  2. 鉄道模型(貨車)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鉄道模型再収集開始 #23 KATO いなかの街の貨物列車/貨車まとめ05

NEC_0191.jpg 散財しちゃったよ!

続きを読む

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/01/28(土) 05:13:00|
  2. 鉄道模型(貨車)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鉄道模型再収集開始 #20 TOMIX キハ28 3000/貨車まとめ04

記念すべき20回目ですが、寄せ集め記事です!

ヘタレやすい自分ですが、ブログ更新は不思議と続いています。
さて今回は単発ネタでは弱そうなものをまとめてご紹介。

TOMIX キハ28 3000
NEC_0085.jpg 
高校時代の友人との秋葉行きで、量販店の値引き価格ぐらいで購入した新古品ですね。
さてこちらキハ28のそれも3000番台、ということは暖地仕様・冷房改造・後期車というものになります。


NEC_0089.jpg ↑パッケージ

ちなみにキハ28 3000の単品販売というとおのずと旧製品ということになります。追記:リニューアル後単品ありました
台車を見れば旧集電、72形と同じくの初期HG仕様車ということですね。
まぁ転がりは悪いです、そして方向幕もシール式でリニューアル前商品でした。

さてこのキハ28、旧仕様ですがライトも問題ないのでどの車両に連結させようか冷静に考えてみたところ――

使いどころが難しい!

これまで集まっている気動車は比較的線区を選ばないものです。 キハ52各種とキハ57?知りませんね。
しかしここに来てまず東北地方では見られないような仕様の車両の登場です。
意外にも適当な連結相手がおりませぬ……。
キハ52大糸線との共演が近いといえば近いのですが、おそらくどちらも国鉄色というのはなかったでしょうね。

NEC_0087.jpg ↑手前キハ28 3000 奥キハ57 
 キハ58・キハ28初期冷改造車を持っていないので比較できないのが残念ですが

キハ58冷改車がいれば解決なのですが、あいにくウチにいるのは非冷房のキハ57ですから……。
もしかしてあり得たものとすればキハ23との連結ですが、まぁ気にしすぎてもしょうがないのでテキトーに考えます。

NEC_0086.jpg ↑左キハ57 真ん中キハ28 3000 右キハ23

パノラミックウィンドウのキハ58形式入線ということに意味があるのです。
そして短編成を是とする我が家では急行型の冷房車ということで長編成向きの車両ではあるのですが、冷房電源があるのでキハ23と連結しても自車の冷房は稼働可能になります。

キハ57と組ませたりして雰囲気を楽しみましょう。
そしてこのキハ28はいつしかキハ58などを追加導入したときの布石なのです、キハ58系列単品再販はよ!

NEC_0090.jpg 
↑中古屋で売っていた21m級対応TOMIX 車両ケース

気動車も集まってきました。
ここには映っていないキハ16なども合わせればごちゃまぜローカル線編成も夢でないでしょう。
まぁジオラマの関係上長編成は無理ですが

== ==

TOMIX ワム280000・タキ5450
NEC_0092.jpg 
意外にもこれまでの鉄道模型で初入線のとび色ワムハチと液化塩素タキです。
ワム80000に関しては、幼少期に買い与えられた貨車の中に水色のワム380000が含まれていましたがとび色のワムははじめてでした。
模型を再収集し始めていてもワムハチを買うか悩んでしたのは屋根の薄茶色で、屋根もとび色のワムハチの方が印象深いのです。
まぁモデルとなった車両が屋根を薄茶色にしたワム280000なのですから、しょうがないとは思うのですが。
模型屋の新古品で売っていたこともあり少しお安く購入しました。

液化塩素タキことタキ5450は最近再販されましたが、これも新古品で少しだけ安く購入。
なかなかドきつい色ですが編成のアクセントになると思ったのと、どうやらホキ2200と同じく鶴見線に縁のある車両とのことが購入理由です。

NEC_0091_20161206040745fa8.jpg 
タキ5450は紙箱ということに驚きました、だいぶ古い製品なのでしょうね。
黒貨車中心の我が鉄道ですが、それぞれ混じらせて走らせるのもアリなんじゃないかと思います。

さて……とりあえず欲しいものは揃ってきた気がします。
いやまあTOMIXさんにキハ20一般色の再販とかキハ45首都圏色とか72形原型編成とか出して欲しくはあるのですが。
模型収集もいよいよひと段落……かもしれません。
アニメBDとの二足のわらじ(?)で出費も大変なので落ち着く分には財布に優しくて良いのですが。

KATOさんにC12かC56あたり再販してくれるとありがたいですね。
TOMIXのC11はスルーで特定番号機縛りなら大井川のC10 8みたいな亜種が出てくれるといいと思います。

ということで次回は未定です。

<続く>


テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/12/06(火) 04:23:00|
  2. 鉄道模型(貨車)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鉄道模型再収集開始 #18 KATO テム300/TOMIX・KATO 貨車まとめ03

貨車貨車貨車貨車!
NEC_0032.jpg↑いよいよ貨車収集もひと段落 

今回は新製品+再生産+模型店在庫品でお送りします。

続きを読む

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/11/04(金) 00:00:00|
  2. 鉄道模型(貨車)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鉄道模型再収集開始 #16 TOMIX・KATO 貨車まとめ02

前回の続きです!

NEC_0463.jpg

前にもちょびっと画像が映ったことがありましたが、貨車収納用ケースです。
黒貨車が増えてきたので24両ワラ1サイズのケースをチョイス。
24両とか余るだろうし18両ワム80000サイズでも良かったかも、と思っていたら――

NEC_0464.jpg 
もう埋まりかけですよ!

それにしても右一列はワム80000サイズなのでトラ70000も収納できますし、いいですねこのケース。
あとKATOワラ1が入ってきたら完全に埋まりますねこれ(テム300はレ12000を抜いて入れる予定)。

で、前回紹介し切れなかった貨車と。
以前の黒貨車

KATO/TOMIX ワム90000
NEC_0465.jpg ↑左KATO 右TOMIX

黒貨車にハマるキッカケになったKATOのワム90000とその同形式車のTOMIXのワム90000です。

NEC_0466.jpg ↑KATO ワム90000 2両セット

ダルマで転がっているのを目にすることもあるワラ1やワム70000とは異なり、今は純粋なワム90000の現存車は皆無とのこともあって馴染みがありませんね。
しかしこの片開き側面戸と、丸っこい屋根がなかなか渋いではありませんか!

同型車の在籍したという秋田中央交通のデワ編成にもバッチリ似合います。

NEC_0467.jpg ↑左TOMIX ワム90000 右TOMIX ワム90000(扉リブ無し)

こちらはTOMIXのワム90000で、KATOがワム90000として新造された車両をモデルしたのに対して、こちらはワム23000からの編入車がモデルのようです。 
特に写真右の扉リブ無しはワム23000の初期車に見られた形態とのことで、なかなかバリエーションが楽しいですねえ。

NEC_0468.jpg ↑左KATO 右TOMIX

並べてみると微妙にKATOの方が車高が高い分大きいですね。
そして! そんなちょっと大きめなワム90000に合わせて製品化されたのが――

KATO ワフ29500です!
NEC_0469.jpg ↑KATO ワム90000と連結

購入した当初は物珍しさとテールライトの点灯する楽しさから手放しで喜んでいました、が!
どうやら実車と違ってオーバースケールなようですね。
実車を知らない弊害と言いますか、調べなければこれはこういうものだと認識しているところでした。

NEC_0470.jpg↑本来は右のヨ並の高さ? 

まぁワム90000に車掌室取り付け改造した架空貨車みたいな発想で考えるとなかなか楽しい車両かと思いますけれど。
KATOとつなぐ分には編成美も綺麗ですし。
TOMIXあたりから出るといいですね、ヨ並の高さと両側テールライト点灯するワフ。


次にTOMIX ワム50000・ワム50000(合板改造車)です。
NEC_0473.jpg ↑左木造車体なワム50000 右合板張改造車なワム50000

車体の大きさはTOMIX ワム90000と殆ど同じな木造車体のワムですね。
前回のワム3500との比較用に登場しましたが、今回はその合板化改造車も紹介です。

戦時の資材不足で木造車体で製造されたワム50000でしたが、一部を残して木造車体から合板張りに改造されたとのことです。
どうやら合板化されなかった木造車体のワム50000も1986年頃?まで生き残っていたというのですから複雑怪奇ですねえ。

ちなみにワム50000は板バネを紛失したことで2両をBトレのドローバーで半永久連結しています。 
ドローバー連結ではありますが車間はアーノルドと変わらず、ミニカーブも問題なかったりしました。 
ちなみに合板化改造車の方はでかでかと「米」と書かれているのがウザったかったので、黒マジックで塗りつぶしたら変な光沢が出来ました(笑)
米原配置とかなんでしょうか、KATOから発売されるテムも「名」の文字がうるさいので消してしまおうと考えていたり。


そしてKATO ワ12000
NEC_0478.jpg 
あれ? さっきのワム90000とどう違うの?
そうお思いの方! ワム90000等とと比較してみましょう!

NEC_0480.jpg ↑左からKATO ワム90000/KATO ワ12000/トミーテック ワ1

ちっこい!

ワムではなく「ワ」級ということもあって一回り二回り小さいサイズの貨車なんですよ!
ちなみに隣のトミーテックのワ1より車高は低い一方で車体長は長めです。
昔の貨車は車両の規模によって運送料?が違ったらしく、ワム23000などが製造されていた一方で小柄で運送料の安いワの需要に答えて製造されたそうです。
隣のワと比べると小柄ではありますが、ワム90000などに準じた近代的な外装をしているのが良く分かります。画像が汚すぎて分からない
このワ12000をワム90000とかに紛れ込ませるとデコボコ編成になってそれがいいんですよ!

小柄貨車たち
NEC_0481.jpg ↑左からトミーテック ワフ1/KATO ワ12000/トミーテック ワ1・ト1・ワフ1(木造)

トミーテックの鉄コレ貨車は全車N化済みですが、ジオラマの都合上走行可能なのはこの中で黒ワフとワのみです。
後部青貨車はカプラーがバネ式出ないせいでミニポイント渡り線上で脱線してしまいます。
ワフ1両とワ2両はバネ式カプラーなので他黒貨車に紛れさせての走行が可能となっています。

TOMIX チ1
NEC_0477.jpg ↑手前のカプラーがBトレの自連ダミーカプラーに

いわゆるBトレとアーノルドカプラー装備の車両を連結する為の控車代用ですね。
我が家の鉄道模型黎明期からしれっといるヤツで、積み荷が失われた今になっても健在です。

他にも黒く塗ったTOMIX ワム280000やKATO ヨ6000も残ってはいるのですが、状態が悪いので映しません(汗)

黒貨車シリーズ現段階ラストのKATO タム500です。
NEC_0476.jpg 
タンク車が欲しかったのですけれど製品化されている二軸タンク車の少ないこと。
さすがにTOMIXのタイプには食指が動かず、KATOの確かなタム500を購入。
いやいいものですねタンク貨車、有蓋車無蓋車に紛れさせるとアクセントになります。

もっとも自分のやらかしで見た目と裏腹に実際はボロボロなんですがね。

1両は連結器周りの台枠がパキっと……瞬間接着剤で一応ついていますが、また取れる気配です。
もう1両は上のタンク蓋部分の爪が欠けて両面テープを押し込んで無理やり止めている状態。
というのもこのタム500、製品時のままだとTOMIXのミニポイントを使った渡り線で必ず脱線するのです。
見た目は完全にミニカーブレール対応してそうなんですけどね……。

アーノルドカプラーの根本を削ることで振りを大きくして通過を可能にしましたが、それに至るまでの試行錯誤ですっかりボロボロに。
買い替え……たいですが、在庫はさすがに近隣模型店には残っていなさそうです。


そして白貨車な冷房貨車TOMIX レ12000です。
NEC_0474.jpg
↑ここにきて車番被り……!

まぁロットとかよっぽど探さないとTOMIXで違う車番とか見つかりそうもないのでしょうがないですね。
ワム80000よりも小さくワム90000よりほんのちょびっと大きいレ12000、一つはケース付き中古屋で、もう一つはケース無しで吊り下げ販売していたものを。
車番被りですが2両あると様になるのでアリ……としたいですね。 

最後はKATO ホキ2200
NEC_0475.jpg
↑我が家の貨車の中では異色のボギー貨車

黒貨車でもなければ二軸貨車でもない!

気になってはいましたが黒貨車でもないし二軸貨車でもないしKATOにしては1両設定で2両以上
だと車番が被るからと迷っていましたが。
中古で半額新古品が売られているのを見て1両魔がさして買ってしまいましたよ!

配置が大川駅となっているのもポイントで、集めた鶴見線に縁のある表記というのも購入理由ではありましたが――
もっと買っておけばよかった!
 1両だと様になりません、黒貨車の中では浮きます(それがいいのだけども)。
せめて2両は買っておくべきでした、更には半額だったのだから本当に。

しかし手に取ってみると下回りもちゃんと作り込まれていていいですね、ホキ。
絵本では目にする貨車でしたがいつの間にか姿を消していた貨車の印象ですね、ホキ2200。


さて貨車の紹介はこれでほぼ全部のはずですね。
石灰ホキ2500と今月発売のテムとワラ(とツムも)で貨車は本当にひと段落の予定です。

そして雑多な黒貨車を集めたからには――ヤードっぽい線路にしたいですね?

ということでミニポイントを複数導入してのヤード的なものを近々導入する予定です。
今思えば某中古模型屋イベントでカーリターダ付きの京都鉄博限定ワム3500買っておけば良かったと後悔していますね。

次回は……そんな最終的なジララマの線路配置番外編?

<続く>

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/10/18(火) 00:00:00|
  2. 鉄道模型(貨車)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鉄道模型再収集開始 #15 TOMIX ヨ5000・ワム3500/TOMIX・KATO 貨車まとめ01

キラワケブログでは珍しい新製品レビューです。  

最初に買ったKATOのワム90000に惚れて、手あたり次第に黒貨車を集め始めたわけですが……有蓋車・無蓋車・タンク車含めると20両前後に。
ワムやトラなどを走らせる上でポイントになる、最後尾の車掌車の存在はとても大事ですねえ。
ということもあってKATOと競合して出すことになったTOMIX ヨ5000には期待していました。
更には古典貨車ながらもワム90000シリーズの寸法と変わらないTOMIX ワム3500についても同時発売されたので購入! 

ということでTOMIX ヨ5000TOMIX ワム3500です。

NEC_0443.jpg いい出来ですねえ、黒貨車はやっぱりたまりません。
そしてヨ5000はなんと――
NEC_0435.jpg ↑室内灯付きなリッチなヨ5000

なんと室内灯標準装備です!
割引価格にしてKATOの二倍の値段というのもなんとなくわかります。

NEC_0438_20161006190509ea2.jpg
↑左TOMIX ヨ5000 右KATO ヨ5000

左のTOMIXのヨに引かれた白線は石油ストーブ装備車とのこと、KATOと差別化しているのでしょうか。
KATOの方は屋根は賑やかですね、リベット?などが好印象です。

NEC_0444.jpg ↑ちょっと画質良さげに撮影

写真だと分かりにくいですが、KATOのヨに比べるとTOMIXのヨはカチっとしたイメージがあります。
現物にはあまり馴染みがないのでどちらが正しいか分かりませんが、意外とモデルとなった車両の差かもしれませんね。

で、ワム3500です。
NEC_0449.jpg

いいですねえ、黒貨車。
それも木張りぽい外見も渋くてグッドですね!

NEC_0450.jpg ↑木体化改造車こと同じTOMIX ワム50000とワム3500 画像加工済み

NEC_0451.jpg 

側面扉寸法がワム3500の方が狭く、筋交いも異なるのが両者の分かりやすい違いですね。
ワム50000の使い方と同様にワム90000やワム70000などの編成に紛れ込ませるとアクセントになっていいかもしれません。

ワムもヨも今後は黒貨車編成の中で地味に活躍してくれるに違いありませんね。

== ==

続いて貨車まとめです。
といっても今回紹介するのはワムやヨと一緒に届いた車両と、一部ついでな貨車たちですが。

NEC_0442.jpg ↑左TOMIX ワム70000 右TOMIX ワラ1
微妙に模型店では見かけなくなっていたTOMIXの黒貨車2両を再版されたので購入です。

NEC_0439.jpg

分かりやすい違いは屋根の形状ですが、ワラの方が大きく見えます。
ワムではなくワラという形式になっているのがポイントなのでしょう。

NEC_0447.jpg ↑画質綺麗め?なワラとワム

NEC_0441.jpg
↑左KATO ワム70000 TOMIX ワム70000

NEC_0448.jpg
TOMIX ワム70000 下KATO ワム70000 

 殆ど違いは分かりません……挙げるとしたら妻面の扉前ステップですが画像では分かりづらいですね。
あとはKATOご自慢のサスペンション機構の有無でしょうか、画像は無いですが妻面の銘板の数も違ったりします。
ということで両車混ぜて運用しても何ら問題はありません。KATO車は連結解放しやすい印象だけど

そしてトラ。
NEC_0445.jpg ↑左手それぞれ1両目がTOMIX それ以外がKATO 画像加工済み

左奥の車両TOMIXトラ70000は中古屋でほぼ半額で購入、集めている黒貨車とは微妙に車体長が異なるのですが1両ぐらいはいいかなと。
左手前の車両はTOMIXトラ145000でトラ45000の体質改善車?のようなものなようです。
妻面のビートが左奥のトラとで異なっているのが分かります、それと床板が木製化されたとのこと。
現在車籍の残るトラがこの上回りは妻面以外は木製のトラ145000と言うのですから不思議なものですね。

右奥から2両はKATO トラ55000です。
トラ70000に近い全鋼製?で実車は形式消滅済みですね。
他のトラと違って積み荷カバーを外すとさび色に塗られた内装が出てくるのがなかなか好ましいかと思います。
右手前から2両がKATO トラ45000です。
TOMIXのモデルの改造前で、妻面の処理がトラ70000やトラ55000と同じものとなっています。

KATOのトラは積み荷カバー付きということもあって欲しかったのですが、店頭在庫は見つかりません。
トラ45000こそ再版予定がありますが、トラ55000は未定で某通販で残っていた在庫を購入となりました。

NEC_0446.jpg ↑KATOトラ45000とトラ55000で違う積み荷カバーの形

ワムが連なる姿もいいですが、トラが連なる姿もいいですねえ……。

ということで新製品から再版、在庫に残っていた物を購入したのも含めての貨車紹介でした。
まだ紹介する車両は残っていますが、あとめぼしいもので欲しいのはKATOホキ2500と再版予定のKATOワラ1と新発売のテム300ぐらいでしょうか。
それで貨車の収集もひと段落になりそうです。


次回はもしかしたら貨車まとめ02を。
<続く>

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/10/07(金) 00:00:00|
  2. 鉄道模型(貨車)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0