キラワケブログR ~アニメと鉄道とごく稀に創作~

アニメや鉄道な日々を思い出した頃に綴る日記。

鉄道模型再収集開始 #17 TOMIX キハ52(盛岡色・赤鬼)セット

キラワケブログでは珍しい新製品レビュ(ry

#13より
>ただ集めてる車種の時代設定的にはかみ合わないキハ52盛岡色が気になっています。
>安く買えるよう売れ残ってくれることを祈ります 

そう思った商品に限って売れ行きがいいっぽいんだよ!

地方色じゃん……散々キハ52って出たじゃん……ワゴン行きだと思うじゃん……
某ヨドバシ通販は在庫があったりなかったり、他の店でも品薄なような情報が。

案の定釣られちまったお!

NEC_0021_20161028011817a10.jpg ↑見慣れた感あるTOMIXHGモデルパッケージ色

続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/10/28(金) 00:00:00|
  2. 鉄道模型(気動車)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鉄道模型再収集開始 #16 TOMIX・KATO 貨車まとめ02

前回の続きです!

NEC_0463.jpg

前にもちょびっと画像が映ったことがありましたが、貨車収納用ケースです。
黒貨車が増えてきたので24両ワラ1サイズのケースをチョイス。
24両とか余るだろうし18両ワム80000サイズでも良かったかも、と思っていたら――

NEC_0464.jpg 
もう埋まりかけですよ!

それにしても右一列はワム80000サイズなのでトラ70000も収納できますし、いいですねこのケース。
あとKATOワラ1が入ってきたら完全に埋まりますねこれ(テム300はレ12000を抜いて入れる予定)。

で、前回紹介し切れなかった貨車と。
以前の黒貨車

KATO/TOMIX ワム90000
NEC_0465.jpg ↑左KATO 右TOMIX

黒貨車にハマるキッカケになったKATOのワム90000とその同形式車のTOMIXのワム90000です。

NEC_0466.jpg ↑KATO ワム90000 2両セット

ダルマで転がっているのを目にすることもあるワラ1やワム70000とは異なり、今は純粋なワム90000の現存車は皆無とのこともあって馴染みがありませんね。
しかしこの片開き側面戸と、丸っこい屋根がなかなか渋いではありませんか!

同型車の在籍したという秋田中央交通のデワ編成にもバッチリ似合います。

NEC_0467.jpg ↑左TOMIX ワム90000 右TOMIX ワム90000(扉リブ無し)

こちらはTOMIXのワム90000で、KATOがワム90000として新造された車両をモデルしたのに対して、こちらはワム23000からの編入車がモデルのようです。 
特に写真右の扉リブ無しはワム23000の初期車に見られた形態とのことで、なかなかバリエーションが楽しいですねえ。

NEC_0468.jpg ↑左KATO 右TOMIX

並べてみると微妙にKATOの方が車高が高い分大きいですね。
そして! そんなちょっと大きめなワム90000に合わせて製品化されたのが――

KATO ワフ29500です!
NEC_0469.jpg ↑KATO ワム90000と連結

購入した当初は物珍しさとテールライトの点灯する楽しさから手放しで喜んでいました、が!
どうやら実車と違ってオーバースケールなようですね。
実車を知らない弊害と言いますか、調べなければこれはこういうものだと認識しているところでした。

NEC_0470.jpg↑本来は右のヨ並の高さ? 

まぁワム90000に車掌室取り付け改造した架空貨車みたいな発想で考えるとなかなか楽しい車両かと思いますけれど。
KATOとつなぐ分には編成美も綺麗ですし。
TOMIXあたりから出るといいですね、ヨ並の高さと両側テールライト点灯するワフ。


次にTOMIX ワム50000・ワム50000(合板改造車)です。
NEC_0473.jpg ↑左木造車体なワム50000 右合板張改造車なワム50000

車体の大きさはTOMIX ワム90000と殆ど同じな木造車体のワムですね。
前回のワム3500との比較用に登場しましたが、今回はその合板化改造車も紹介です。

戦時の資材不足で木造車体で製造されたワム50000でしたが、一部を残して木造車体から合板張りに改造されたとのことです。
どうやら合板化されなかった木造車体のワム50000も1986年頃?まで生き残っていたというのですから複雑怪奇ですねえ。

ちなみにワム50000は板バネを紛失したことで2両をBトレのドローバーで半永久連結しています。 
ドローバー連結ではありますが車間はアーノルドと変わらず、ミニカーブも問題なかったりしました。 
ちなみに合板化改造車の方はでかでかと「米」と書かれているのがウザったかったので、黒マジックで塗りつぶしたら変な光沢が出来ました(笑)
米原配置とかなんでしょうか、KATOから発売されるテムも「名」の文字がうるさいので消してしまおうと考えていたり。


そしてKATO ワ12000
NEC_0478.jpg 
あれ? さっきのワム90000とどう違うの?
そうお思いの方! ワム90000等とと比較してみましょう!

NEC_0480.jpg ↑左からKATO ワム90000/KATO ワ12000/トミーテック ワ1

ちっこい!

ワムではなく「ワ」級ということもあって一回り二回り小さいサイズの貨車なんですよ!
ちなみに隣のトミーテックのワ1より車高は低い一方で車体長は長めです。
昔の貨車は車両の規模によって運送料?が違ったらしく、ワム23000などが製造されていた一方で小柄で運送料の安いワの需要に答えて製造されたそうです。
隣のワと比べると小柄ではありますが、ワム90000などに準じた近代的な外装をしているのが良く分かります。画像が汚すぎて分からない
このワ12000をワム90000とかに紛れ込ませるとデコボコ編成になってそれがいいんですよ!

小柄貨車たち
NEC_0481.jpg ↑左からトミーテック ワフ1/KATO ワ12000/トミーテック ワ1・ト1・ワフ1(木造)

トミーテックの鉄コレ貨車は全車N化済みですが、ジオラマの都合上走行可能なのはこの中で黒ワフとワのみです。
後部青貨車はカプラーがバネ式出ないせいでミニポイント渡り線上で脱線してしまいます。
ワフ1両とワ2両はバネ式カプラーなので他黒貨車に紛れさせての走行が可能となっています。

TOMIX チ1
NEC_0477.jpg ↑手前のカプラーがBトレの自連ダミーカプラーに

いわゆるBトレとアーノルドカプラー装備の車両を連結する為の控車代用ですね。
我が家の鉄道模型黎明期からしれっといるヤツで、積み荷が失われた今になっても健在です。

他にも黒く塗ったTOMIX ワム280000やKATO ヨ6000も残ってはいるのですが、状態が悪いので映しません(汗)

黒貨車シリーズ現段階ラストのKATO タム500です。
NEC_0476.jpg 
タンク車が欲しかったのですけれど製品化されている二軸タンク車の少ないこと。
さすがにTOMIXのタイプには食指が動かず、KATOの確かなタム500を購入。
いやいいものですねタンク貨車、有蓋車無蓋車に紛れさせるとアクセントになります。

もっとも自分のやらかしで見た目と裏腹に実際はボロボロなんですがね。

1両は連結器周りの台枠がパキっと……瞬間接着剤で一応ついていますが、また取れる気配です。
もう1両は上のタンク蓋部分の爪が欠けて両面テープを押し込んで無理やり止めている状態。
というのもこのタム500、製品時のままだとTOMIXのミニポイントを使った渡り線で必ず脱線するのです。
見た目は完全にミニカーブレール対応してそうなんですけどね……。

アーノルドカプラーの根本を削ることで振りを大きくして通過を可能にしましたが、それに至るまでの試行錯誤ですっかりボロボロに。
買い替え……たいですが、在庫はさすがに近隣模型店には残っていなさそうです。


そして白貨車な冷房貨車TOMIX レ12000です。
NEC_0474.jpg
↑ここにきて車番被り……!

まぁロットとかよっぽど探さないとTOMIXで違う車番とか見つかりそうもないのでしょうがないですね。
ワム80000よりも小さくワム90000よりほんのちょびっと大きいレ12000、一つはケース付き中古屋で、もう一つはケース無しで吊り下げ販売していたものを。
車番被りですが2両あると様になるのでアリ……としたいですね。 

最後はKATO ホキ2200
NEC_0475.jpg
↑我が家の貨車の中では異色のボギー貨車

黒貨車でもなければ二軸貨車でもない!

気になってはいましたが黒貨車でもないし二軸貨車でもないしKATOにしては1両設定で2両以上
だと車番が被るからと迷っていましたが。
中古で半額新古品が売られているのを見て1両魔がさして買ってしまいましたよ!

配置が大川駅となっているのもポイントで、集めた鶴見線に縁のある表記というのも購入理由ではありましたが――
もっと買っておけばよかった!
 1両だと様になりません、黒貨車の中では浮きます(それがいいのだけども)。
せめて2両は買っておくべきでした、更には半額だったのだから本当に。

しかし手に取ってみると下回りもちゃんと作り込まれていていいですね、ホキ。
絵本では目にする貨車でしたがいつの間にか姿を消していた貨車の印象ですね、ホキ2200。


さて貨車の紹介はこれでほぼ全部のはずですね。
石灰ホキ2500と今月発売のテムとワラ(とツムも)で貨車は本当にひと段落の予定です。

そして雑多な黒貨車を集めたからには――ヤードっぽい線路にしたいですね?

ということでミニポイントを複数導入してのヤード的なものを近々導入する予定です。
今思えば某中古模型屋イベントでカーリターダ付きの京都鉄博限定ワム3500買っておけば良かったと後悔していますね。

次回は……そんな最終的なジララマの線路配置番外編?

<続く>

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/10/18(火) 00:00:00|
  2. 鉄道模型(貨車)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鉄道模型再収集開始 #15 TOMIX ヨ5000・ワム3500/TOMIX・KATO 貨車まとめ01

キラワケブログでは珍しい新製品レビューです。  

最初に買ったKATOのワム90000に惚れて、手あたり次第に黒貨車を集め始めたわけですが……有蓋車・無蓋車・タンク車含めると20両前後に。
ワムやトラなどを走らせる上でポイントになる、最後尾の車掌車の存在はとても大事ですねえ。
ということもあってKATOと競合して出すことになったTOMIX ヨ5000には期待していました。
更には古典貨車ながらもワム90000シリーズの寸法と変わらないTOMIX ワム3500についても同時発売されたので購入! 

ということでTOMIX ヨ5000TOMIX ワム3500です。

NEC_0443.jpg いい出来ですねえ、黒貨車はやっぱりたまりません。
そしてヨ5000はなんと――
NEC_0435.jpg ↑室内灯付きなリッチなヨ5000

なんと室内灯標準装備です!
割引価格にしてKATOの二倍の値段というのもなんとなくわかります。

NEC_0438_20161006190509ea2.jpg
↑左TOMIX ヨ5000 右KATO ヨ5000

左のTOMIXのヨに引かれた白線は石油ストーブ装備車とのこと、KATOと差別化しているのでしょうか。
KATOの方は屋根は賑やかですね、リベット?などが好印象です。

NEC_0444.jpg ↑ちょっと画質良さげに撮影

写真だと分かりにくいですが、KATOのヨに比べるとTOMIXのヨはカチっとしたイメージがあります。
現物にはあまり馴染みがないのでどちらが正しいか分かりませんが、意外とモデルとなった車両の差かもしれませんね。

で、ワム3500です。
NEC_0449.jpg

いいですねえ、黒貨車。
それも木張りぽい外見も渋くてグッドですね!

NEC_0450.jpg ↑木体化改造車こと同じTOMIX ワム50000とワム3500 画像加工済み

NEC_0451.jpg 

側面扉寸法がワム3500の方が狭く、筋交いも異なるのが両者の分かりやすい違いですね。
ワム50000の使い方と同様にワム90000やワム70000などの編成に紛れ込ませるとアクセントになっていいかもしれません。

ワムもヨも今後は黒貨車編成の中で地味に活躍してくれるに違いありませんね。

== ==

続いて貨車まとめです。
といっても今回紹介するのはワムやヨと一緒に届いた車両と、一部ついでな貨車たちですが。

NEC_0442.jpg ↑左TOMIX ワム70000 右TOMIX ワラ1
微妙に模型店では見かけなくなっていたTOMIXの黒貨車2両を再版されたので購入です。

NEC_0439.jpg

分かりやすい違いは屋根の形状ですが、ワラの方が大きく見えます。
ワムではなくワラという形式になっているのがポイントなのでしょう。

NEC_0447.jpg ↑画質綺麗め?なワラとワム

NEC_0441.jpg
↑左KATO ワム70000 TOMIX ワム70000

NEC_0448.jpg
TOMIX ワム70000 下KATO ワム70000 

 殆ど違いは分かりません……挙げるとしたら妻面の扉前ステップですが画像では分かりづらいですね。
あとはKATOご自慢のサスペンション機構の有無でしょうか、画像は無いですが妻面の銘板の数も違ったりします。
ということで両車混ぜて運用しても何ら問題はありません。KATO車は連結解放しやすい印象だけど

そしてトラ。
NEC_0445.jpg ↑左手それぞれ1両目がTOMIX それ以外がKATO 画像加工済み

左奥の車両TOMIXトラ70000は中古屋でほぼ半額で購入、集めている黒貨車とは微妙に車体長が異なるのですが1両ぐらいはいいかなと。
左手前の車両はTOMIXトラ145000でトラ45000の体質改善車?のようなものなようです。
妻面のビートが左奥のトラとで異なっているのが分かります、それと床板が木製化されたとのこと。
現在車籍の残るトラがこの上回りは妻面以外は木製のトラ145000と言うのですから不思議なものですね。

右奥から2両はKATO トラ55000です。
トラ70000に近い全鋼製?で実車は形式消滅済みですね。
他のトラと違って積み荷カバーを外すとさび色に塗られた内装が出てくるのがなかなか好ましいかと思います。
右手前から2両がKATO トラ45000です。
TOMIXのモデルの改造前で、妻面の処理がトラ70000やトラ55000と同じものとなっています。

KATOのトラは積み荷カバー付きということもあって欲しかったのですが、店頭在庫は見つかりません。
トラ45000こそ再版予定がありますが、トラ55000は未定で某通販で残っていた在庫を購入となりました。

NEC_0446.jpg ↑KATOトラ45000とトラ55000で違う積み荷カバーの形

ワムが連なる姿もいいですが、トラが連なる姿もいいですねえ……。

ということで新製品から再版、在庫に残っていた物を購入したのも含めての貨車紹介でした。
まだ紹介する車両は残っていますが、あとめぼしいもので欲しいのはKATOホキ2500と再版予定のKATOワラ1と新発売のテム300ぐらいでしょうか。
それで貨車の収集もひと段落になりそうです。


次回はもしかしたら貨車まとめ02を。
<続く>

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/10/07(金) 00:00:00|
  2. 鉄道模型(貨車)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アニメ BD・DVD レビュー #00

たまにはアニメもね!


ということで2012年頃から(本格的に)集めているBD・DVDのレビューの前段階として。

アニメ制作会社/アニメ製作会社

別にBD・DVDをカウントしたいと思います。
完全なる覚書というか、ツイッターとかでは暇なときに書き出しているのを改めてまとめてみようという魂胆です。
そんなの誰得だって? 俺得だからいいんです!

ということで行ってみましょう。


※1 シリーズ作品で何期かやっていても”1”カウントです。 ”赤”表記
※2 全巻フルでない場合・OVAのみ・劇場版などは()内でのみカウントします。 ”青”表記
※3 BD-BOXは”1”カウントですが、北米版は()内カウントになります。
※4 一部シリーズを北米版で補完しても、1シーズンでも全巻揃えれば”1”カウントとします。
※5 特記以外はBDです。

:アニメ制作会社別
SILVER LINK. 3(4)
「お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ!」1、北米版 
「六畳間の侵略者!?」1~6巻
「落第騎士の英雄譚」1~6巻
「ストライク・ザ・ブラッド」1・5巻、OVA1-2巻、BD-BOX


スタジオディーン 2
「桜trick」1~6巻
「この素晴らしい世界に祝福を!」1~5巻、OVA

アクタス 2
「ガールズ&パンツァー」1~6巻、OVA、劇場版
「D.C.III(風見鶏学園公式動画部名義)」1~6巻

プロダクションアイムズ・AIC 1(6)
「デート・ア・ライブ」1期:1~6巻、2期:1~5巻、OVA1~2巻、劇場版
「劇場版 AURA」
「人類は衰退しました」北米版
「僕は友達が少ないnext+」1巻
「いなりこんこん恋いろは」OVA

「瀬戸の花嫁 DVD」3~5、7、9巻、OVA1~2巻 

ディオメディア 1(3)
「艦隊これくしょん」1~6巻
「俺の脳内選択肢が学園ラブコメを全力で邪魔している」DVD2巻、OVA
「聖剣使いの禁呪詠唱」1巻 

feel. 1(3)
「ヨスガノソラ」BD-BOX
「Kiss×Sis」OAD1~2巻 
「人生」1巻 

T.N.K. 1(3)
「ハイスクールD×D」1期:北米版、2期:1~6巻、3巻:1~6巻、OVA1~4巻
「精霊使いの剣舞」1巻 
「神無月の巫女 DVD」1巻 

J.C.STAFF 1(2)
「ぽてまよ」BD-BOX
「探偵オペラミルキィホームズ DVD」1~2巻

マングローブ 1
「神のみぞ知るセカイ」1期:北米版、2期:北米版、3期:1~6巻、OVA1~3巻(4巻未購入)

動画工房 1
「GJ部」1~4巻、りぴーとでぃすく、OVA

A-1 Pictures 1
「冴えない彼女の育てかた」1~6巻

ufotable (2)
「百合星人ナオコサン」OVA 
「空の境界」5章 

GONZO (2)
「絶対防衛レヴィアタン」2巻 
「ヴァンドレッド DVD」巻数不明 

フッズエンタイテインメント (1)
「カガクなヤツら」OVA 

セブンアークス (1)
「ムシブギョー」1巻、OVA1・3巻

サンジゲン (1)
「蒼き鋼のアルペジオ」1巻

サンライズ (1)
「セイクリッドセブン」1巻

エイトビット (1)
「インフォニットストラトス2」1巻

マッドハウス (1)
「ギャラクシーエンジェル DVD」巻数不明

ZEXCS (1)
「シスタープリンセズRepure DVD」巻数不明


――というのが所有しているBD/DVD大体全部。
バラけている印象ですが、シルリンが流石に多いですねえ。

京アニ・シャフト・サンライズアニメをほとんど持っていないのはアニオタとしては異色なのかもしれない。

== ==

:アニメ製作会社別

※1 確認しているもののみ記載します。
※2 アニメ制作で数えた()内作品は基本カウントしません
※3 ()内作品をカウントしない場合無表記になってしまう製作は特例でカウント

KADOKAWA 3
「デート・ア・ライブ」
「艦隊これくしょん」
「この素晴らしい世界に祝福を!」

KADOKAWA(旧メディアファクトリー) 2
「ハイスクールD×D」
「落第騎士の英雄譚」

バンダイビジュアル 2
「ガールズ&パンツァー」
「ぽてまよ」

ポニーキャニオン 2
「D.C.III」
「桜trick」

アニプレックス 1
「冴えない彼女の育てかた」

キングレコード(旧スターチャイルド) 1
「ヨスガノソラ」

ジェネオン・NBC 1
「神のみぞ知るセカイ」

ユニバーサルミュージック 1
「六畳間の侵略者!?」 

ワーナー 1
「ストライク・ザ・ブラッド」

vap 1
「GJ部」

エイベックス (1)
「瀬戸の花嫁 DVD」

マーベラスエンタテインメント (1)
「劇場版 AURA」

Furyu (1)
「聖剣使いの剣舞」


これまらバラけている印象ですね。
多分人通りの製作は揃っている気がしますね。
それでも角川MFが多いです、不思議と惹かれる作品が多いようです。


<次回> あるとしたらBD・DVD個別レビュー!

テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2016/10/06(木) 00:00:00|
  2. アニメDVD・BD
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鉄道模型再収集開始 #14 KATO ED16

※本記事は今更にも新投稿画面にて作られています。

NEC_0420a.jpg 

気動車が続いたかと思いきやの、電機!

続きを読む

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/10/05(水) 00:00:00|
  2. 鉄道模型(機関車)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鉄道模型再収集開始 #13 TOMIX キハ57/KATO クハ86 300(ジャンク)

寄せ集め記事です!



再び願望から
#9よりあーでもキハ58とかキハ55も欲しいなぁ、いやいやそろそろ抑えるべきであって……。

キハ58でもキハ28でも無ければキハ57ですけどね!



NEC_0401.jpg 
↑急行色同士のキハ26と連結 

続きを読む

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/10/04(火) 00:00:00|
  2. 鉄道模型(気動車)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鉄道模型再収集開始 #12 TOMIX キハユニ26(首都圏色)/キハ11(T)

キハの次はキハユニの26です! 
キハユニなら15があるじゃない。
ごもっともですが、ライトの点くキハユニも欲しかった……!


NEC_0389.jpg 

続きを読む

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/10/03(月) 00:00:00|
  2. 鉄道模型(気動車)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0