キラワケブログR ~アニメと鉄道とごく稀に創作~

アニメや鉄道な日々を思い出した頃に綴る日記。

D.C.Ⅲ 攻略・プレイ感想

と、いうことでD.C.Ⅲ全攻略しました。

いやあ流石ダカーポ!

と、言いたいところだけども。

すげえ騙されたわ(笑)

と、まあ……なかなかにビックリな展開だったな、うん。


※と、いうわけでプレイ感想につきネタバレ注意!



風見学園編

このシナリオ、フェイクである

つまりは今テレビでやってるCMも公開されてるアニメPVも大きな本筋とはほぼ関係ない。
姫乃のスク水に至っては陰も形もナッシング☆             ちくしょう……

まず面白いほどに主人公好感度MAXで始まります。
まあ、そんな作品なんだなーと思ってプレイを進めるわけですね。

この時点でヒロインが魅力的なんだけども、のめりこむと色々と悲しい目に会うので注意。

美琴01

この美琴っていう子、すっごいウザ可愛いのに攻略できないって詐欺だろう。

風見学園編で全部美琴選んでも√はありません。
ひ、ひどい!


ということで、風見学園編はそれはもう短いです。
枯れない桜が一度枯れた初音島、しかし二十年の時を経て再び咲き誇る。
ヒロイン五人と主人公には同じ文面で「枯れない桜が咲いたら、約束のあの場所で(以下文字化け)」という1951年から届いた謎のメールが。
そして桜の木の下には――



風見鶏魔法学園編

ようはⅢは魔法学園が主体ってこと

桜の木の下にいた「Ⅱ」で消えてしまったさくらさんの回想から始まるこの物語。
(Iは分からんけども)Ⅱで時折匂わせていた魔法の、それも魔法が普遍的に存在して魔法を学ぶ学校も存在するお話。

そう、実はD.C.Ⅲは時系列的にはダカーポシリーズの最初のエピソードなんです。

1951年(D.C.Ⅲ風見鶏魔法学園編)

2002年(D.C.)

2055年(D.C.Ⅱ)

約2070年2072年(D.C.Ⅲ風見学園編)


リッカ・グリーンウッド

リッカ01

ピチピチBBA

いや、個人的には一番好きなヒロインですけど実態的にそうなんで。
見かけこそ若々しいですけどもさくらと同じように成長が止まって御年約ウン百歳。

それでもデレたリッカさん可愛いです本当に。
とにかく研究一筋だった彼女が主人公こと清隆に惹かれていく様はなかなか。

やっぱギャップっていいですねえ!

更に風見学園編での「森園立夏」と合わせて改めて考えるとニヤニヤしますね、コレは。
そしてそのままを書いていないけども後の「芳乃」性
さくらの祖母に当たる人物となるようですねー

葛城 姫乃

イメージ702_convert_20120430003718

音夢・由夢正統?

に、見せかけた。

実はダカーポのツンデレ妹の原点。

これはミルキィお馴染みの佐々木未来さんCVなんですけども、なんか初々しい感じで非常に可愛らしい声ですね。
暴力こそ振るわないけども、嫉妬されやすくツンデレ妹好きにはニヤニヤできるものです。

夢の世界に閉じ込められた主人公を姫乃が助ける場面というのはなかなかに感動できましたね。
他ヒロインだととっくに結ばれている時期なのに兄妹故に……で。ようやく結ばれたんだなぁと感動。

明確に明言はされてないけども、恐らく後の「朝倉」性系統。


サラ・クリサリス

イメージ700_convert_20120430003759

猫みたく懐くとそれはもう

そしてジト目がたまらんと、嫉妬可愛いです。
主人公が他の女の子に優しくするたびに「あわわわ」と焦り嫉妬するさまが素晴らしい!
ションボリした時のサラはそれはもうっ! 萌え殺す気かと!

……ギャルゲー専門会社だから仕方ないとは思うけども、グニルック戦の3Dモデリングどうにかならなかったのだろうか?
主人公が実力でサラとの婚約を勝ち取る展開はなかなかに熱いだけに、その点だけ残念というか。


シャルル・マロース

イメージ697_convert_20120430003614

溢れまくる母性

このシナリオはシャルルの包み込むような母性と柔らかな可愛さと、
幼くして病気で弟を亡くし、その亡くした原因が自分だと思い込んだことから魔法が使えなくなり、主人公の力で夢の中で弟と再会しその誤解が解け魔法も改めて使えるようになる切ない話の二つが特徴的。

ベタでありきたりでもホロリときてしまったねえ。

これこそ明確じゃないけども「アイシア」に縁のある人物かな?

陽ノ本 葵

イメージ701_convert_20120430003825

実はメインヒロイン?

というよりこのD.C.Ⅲのかなりの重要人物だったり。
前述の4ヒロイン攻略後に開始される実質的隠しルート、D.C.Ⅲの真ルートとも言えるシナリオです。

どうでもいいけどこういうメタフィクション的ギャルゲーループ物は自分の書いてる小説の内容ととととと

ギャルゲーのごとくヒロイン攻略して、次のヒロイン攻略と共に世界がループっていう自分の現在進行形のWEB小説丸被り。
なんというかまあ、色々と複雑だよね。前例はたくさんあるんだろうけども自分ダカーポとましろ色しかやってないし……。
かといって自分の小説の展開は変えるわけにもイカンので、これからもちまちま書いてくつもりだけどね。

……それはもう置いておいて。
非常に切なく辛いシナリオでしたね、記憶は葵一人だけ残り世界だけがループし続けるっていうのは、言葉の節々に漂う悲壮感というか。
そのループも葵ちゃんが原因なんですが、そりゃあ未来で自分が死ぬことを知っちゃったら怖いですよ。世界をループさせてでも生きたいと思いますよ。
清隆と愛を育む過程で前向きに考えてループを解こうとするのだけども――
そしてこのシナリオだけ純粋にBADENDだったりもします、他ヒロインのように結ばれてハッピーエンドでなくループエンドで締められてますからね。


さくら救済&新聞部メンバー転生編

さくら01

公式に「I」では純一と結ばれず。
幾50年「Ⅱ」では寂しさのあまり妄想を具現化したⅡの主人公「桜内義之」を生み出し、義之を現実に維持するために消えてしまう。
そして気づくと「Ⅲ」の1951年のロンドン(風見鶏魔法学園のある場所)に飛ばされていた。

ここまでの不遇のヒロインはないかと。

Ⅲでは記憶喪失になり明るい活発な性格だけ残るってどんなイジメ?
そんなさくらをようやく救済というか……そんなお話ですね。

正直本当の「救済」なのかはわからないけども、エピローグ見る限りだと成長してるってことは確かなんだろね。
さくらは「風見鶏魔法学園」で「自分の祖父母となる若い頃の二人」と数か月過ごした後、2070年?に戻ることができるのでした。

今思うとそれって本当に幸せな結末だったのかなとは思うけども。
最愛の人も誰もがいなくなった未来でさくらはどう生きていくのか「Ⅲ」エピローグのあとのことが大事なんじゃないかと。それはもう皆のご想像にお任せするってところなのかな?
でもおそらく、ようやくさくらは落ち着けるだろうからある意味「Ⅲ」まで続いたさくらの物語は終わりなんだろうね。


そしてループ世界の呪縛からは解き放たれることが出来る代償に、最後にもう一度のループ。
それと共にこれまでと同じようにヒロイン5人と主人公全員の記憶も全て起こったことも全てなくなってしまうことに。

しかしこの6人は魔法学園一大きな、枯れない桜の枝を取り込んだ桜に「枯れない桜が咲いたら、約束のあの場所で”お花見しよう”」という約束を残し――


さくらの回想が終わると共に100年後の2070年<風見学園編>へ。
そのかつての関係を記憶を思い出した6人が百年越しの約束が果たされた、というお話の締め。






総評:キャラ萌えチョイ泣きの良作


ヒロインに関しては前作の主要ヒロインとは全く毛色が異なりながらもよくキャラが立ち、可愛さも申し分ナシ。
風見学園編サブヒロイン「美琴」がおもいのほかクリーンヒットな上に、風見鶏魔法学園編の巴も四季もメアリーもぜひ攻略したいヒロインではある。
前作で言う渉ポジの江戸川耕介は四季との漫才がなかなかに面白く、渉よりも個人的には好みだったり。

シナリオはどれもよく出来ているかと。
特にシャルル・葵はよく出来ていたと言える。
ただ、風見学園編を多く期待していた身としては残念にも思ってもいる。
アニメOPが購入の決め手でアニメ部分がゲームに殆どなかったのはショックだったのがあるんだけどね。
魔法学園編も話の完成度的にはいい意味では裏切られたけども、ただ共通部分があからさまに多すぎるのはマイナスかな?

OPは久しぶりのアニメーション、このスタッフでのアニメ化マダー?
音楽は相変わらず文句ナシ、特に「Shinystep!!」がなかなかに良い曲。

CGは前作の数倍線が綺麗になってます。たにはらなつきさんは相変わらず可愛いキャラを描いてくれる。
鷹乃ゆきさんのサラや葵の可愛さもなかなかのもの、こちらは繊細なキャラがいいですね。


買って満足!

今後完全版やらR18版を出されようが今は満足なのでそれでいい!


そして初音島編ファンディスクはよ
スポンサーサイト

テーマ:感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2012/04/30(月) 00:40:13|
  2. <D.C.>
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<D.C.Ⅱ 攻略・プレイ感想 その1 | ホーム | アニメ監督語り #01>>

コメント

No title

なんだか葵ちゃんのループパワーのせいで姫乃ちゃんルートを繰り返してるのだが・・・・(^q^)
  1. 2012/09/06(木) 16:19:16 |
  2. URL |
  3. 大きな栗饅頭 #-
  4. [ 編集 ]

No title

大きな栗饅頭さん

>なんだか葵ちゃんのループパワーのせいで姫乃ちゃんルートを繰り返してるのだが・・・・(^q^)

姫乃ちゃん大好きなんですねわかります
  1. 2012/12/22(土) 23:45:12 |
  2. URL |
  3. キラワケ #-
  4. [ 編集 ]

No title

詳しくはD.CⅢの風見学園は2072年ですね。

  1. 2013/03/12(火) 12:17:20 |
  2. URL |
  3. adc #-
  4. [ 編集 ]

No title

adcさんどうもです
訂正させて頂きましたー
  1. 2013/03/12(火) 19:03:03 |
  2. URL |
  3. キラワケ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://60616064kei.blog9.fc2.com/tb.php/178-0ed9f144
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)