キラワケブログR ~アニメと鉄道とごく稀に創作~

アニメや鉄道な日々を思い出した頃に綴る日記。

鉄道模型再収集開始 #15 TOMIX ヨ5000・ワム3500/TOMIX・KATO 貨車まとめ01

キラワケブログでは珍しい新製品レビューです。  

最初に買ったKATOのワム90000に惚れて、手あたり次第に黒貨車を集め始めたわけですが……有蓋車・無蓋車・タンク車含めると20両前後に。
ワムやトラなどを走らせる上でポイントになる、最後尾の車掌車の存在はとても大事ですねえ。
ということもあってKATOと競合して出すことになったTOMIX ヨ5000には期待していました。
更には古典貨車ながらもワム90000シリーズの寸法と変わらないTOMIX ワム3500についても同時発売されたので購入! 

ということでTOMIX ヨ5000TOMIX ワム3500です。

NEC_0443.jpg いい出来ですねえ、黒貨車はやっぱりたまりません。
そしてヨ5000はなんと――
NEC_0435.jpg ↑室内灯付きなリッチなヨ5000

なんと室内灯標準装備です!
割引価格にしてKATOの二倍の値段というのもなんとなくわかります。

NEC_0438_20161006190509ea2.jpg
↑左TOMIX ヨ5000 右KATO ヨ5000

左のTOMIXのヨに引かれた白線は石油ストーブ装備車とのこと、KATOと差別化しているのでしょうか。
KATOの方は屋根は賑やかですね、リベット?などが好印象です。

NEC_0444.jpg ↑ちょっと画質良さげに撮影

写真だと分かりにくいですが、KATOのヨに比べるとTOMIXのヨはカチっとしたイメージがあります。
現物にはあまり馴染みがないのでどちらが正しいか分かりませんが、意外とモデルとなった車両の差かもしれませんね。

で、ワム3500です。
NEC_0449.jpg

いいですねえ、黒貨車。
それも木張りぽい外見も渋くてグッドですね!

NEC_0450.jpg ↑木体化改造車こと同じTOMIX ワム50000とワム3500 画像加工済み

NEC_0451.jpg 

側面扉寸法がワム3500の方が狭く、筋交いも異なるのが両者の分かりやすい違いですね。
ワム50000の使い方と同様にワム90000やワム70000などの編成に紛れ込ませるとアクセントになっていいかもしれません。

ワムもヨも今後は黒貨車編成の中で地味に活躍してくれるに違いありませんね。

== ==

続いて貨車まとめです。
といっても今回紹介するのはワムやヨと一緒に届いた車両と、一部ついでな貨車たちですが。

NEC_0442.jpg ↑左TOMIX ワム70000 右TOMIX ワラ1
微妙に模型店では見かけなくなっていたTOMIXの黒貨車2両を再版されたので購入です。

NEC_0439.jpg

分かりやすい違いは屋根の形状ですが、ワラの方が大きく見えます。
ワムではなくワラという形式になっているのがポイントなのでしょう。

NEC_0447.jpg ↑画質綺麗め?なワラとワム

NEC_0441.jpg
↑左KATO ワム70000 TOMIX ワム70000

NEC_0448.jpg
TOMIX ワム70000 下KATO ワム70000 

 殆ど違いは分かりません……挙げるとしたら妻面の扉前ステップですが画像では分かりづらいですね。
あとはKATOご自慢のサスペンション機構の有無でしょうか、画像は無いですが妻面の銘板の数も違ったりします。
ということで両車混ぜて運用しても何ら問題はありません。KATO車は連結解放しやすい印象だけど

そしてトラ。
NEC_0445.jpg ↑左手それぞれ1両目がTOMIX それ以外がKATO 画像加工済み

左奥の車両TOMIXトラ70000は中古屋でほぼ半額で購入、集めている黒貨車とは微妙に車体長が異なるのですが1両ぐらいはいいかなと。
左手前の車両はTOMIXトラ145000でトラ45000の体質改善車?のようなものなようです。
妻面のビートが左奥のトラとで異なっているのが分かります、それと床板が木製化されたとのこと。
現在車籍の残るトラがこの上回りは妻面以外は木製のトラ145000と言うのですから不思議なものですね。

右奥から2両はKATO トラ55000です。
トラ70000に近い全鋼製?で実車は形式消滅済みですね。
他のトラと違って積み荷カバーを外すとさび色に塗られた内装が出てくるのがなかなか好ましいかと思います。
右手前から2両がKATO トラ45000です。
TOMIXのモデルの改造前で、妻面の処理がトラ70000やトラ55000と同じものとなっています。

KATOのトラは積み荷カバー付きということもあって欲しかったのですが、店頭在庫は見つかりません。
トラ45000こそ再版予定がありますが、トラ55000は未定で某通販で残っていた在庫を購入となりました。

NEC_0446.jpg ↑KATOトラ45000とトラ55000で違う積み荷カバーの形

ワムが連なる姿もいいですが、トラが連なる姿もいいですねえ……。

ということで新製品から再版、在庫に残っていた物を購入したのも含めての貨車紹介でした。
まだ紹介する車両は残っていますが、あとめぼしいもので欲しいのはKATOホキ2500と再版予定のKATOワラ1と新発売のテム300ぐらいでしょうか。
それで貨車の収集もひと段落になりそうです。


次回はもしかしたら貨車まとめ02を。
<続く>

スポンサーサイト

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/10/07(金) 00:00:00|
  2. 鉄道模型(貨車)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<鉄道模型再収集開始 #16 TOMIX・KATO 貨車まとめ02 | ホーム | アニメ BD・DVD レビュー #00>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://60616064kei.blog9.fc2.com/tb.php/275-aadc8e13
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)