キラワケブログR ~アニメと鉄道とごく稀に創作~

アニメや鉄道な日々を思い出した頃に綴る日記。

鉄道コレクション #2 京阪電車大津線80型(連結車・非冷房)・700形(80型塗装)

NEC_0227_2017013008201343b.jpg
Q なんで同じ車両2箱も買ってるの?
A 違う車輌です



本来ならば左の700形は来月発売予定だったのですが、発売が繰り上げられた結果ほぼ同時発売になりました。
奇しくもオリジナル車と復元塗装車が同時に揃うこととなったわけですね。

京阪電車大津線700形(80型塗装)
NEC_0225_201701300820163dc.jpg
塗装はいい感じですね、実車は見たことはありませんがなかなか落ち着いた色合いで似合っていると思います。
本来ならばこの車両よりも先に発売される80型と並べたくて買った節もあり、同時発売ですぐ叶う形になりました。

NEC_0226_20170130082017f42.jpg ↑左 京阪350 中央 京阪700 右 京阪80(非冷房)

鉄コレ17弾箱買いして入手している600形二次車は部品取りにしてしまいました
ウチにある京阪車両たちですね、どれも細身でシュっとしています。
右の80型がかなり小さく見えますが低床車体で丸っこいデザインかつ裾絞りなせいで、他の二形式と最大幅はあまり変わらない気がします。

京阪電車大津線80型(連結車・非冷房)
NEC_0219_201701300831477fa.jpg

上の700形塗装のモデルとなった80型の非冷房車です。
手に取ってみると予想以上に小さいですね、実車はもちろん見たことはないものの塗装もいい感じで各部の仕上がりも良さげです。
卵型車体が愛らしい、良い車両ですね……。

実は大分前の秋、京急百貨店で通常は関西でしか買えない京阪車両のBトレ・鉄コレが発売されるイベントがありまして。
自分の目当ては当時Bトレにハマっていた時期なのもあって「京阪60型びわこ号」のBトレインショーティーを買いにいったのです。
当時同時発売は鉄道コレクションの「京阪電車80型(冷房車)」で、びわこ号ついでに買えればいいなという軽い気持ちだったりしました。
朝早くに百貨店の販売ブースに鉄コレ・Bトレ共通の列で並んでいましたが目の前十数人で鉄コレの方は発売終了、鉄コレ目当てだった客はBトレには興味もなく散会。
当初の自分の目的通り、自分は流れるままにBトレを買って帰りました。

ただあとで ネットを巡回していると鉄コレ80型の出来がいいという話を聞くようになり「自分も買えればよかったな~」と後から思ったものです。
いつか再販されたら買おうと待っていたら非冷房仕様が発表されたのでした。

NEC_0224_20170130082014e9c.jpg (微妙に傾いているのが謎です、よく見たら80型の右テールライトにバリが残って少し変ですね)

高さも違いますが色合いも微妙に異なるんですね、なかなか興味深いです。
そしてこの車両、どうせ買うなら速攻で売り切れそうな車両だけでなく動力ユニットも買ってしまおうと同時に予約。
早速組み込んでみました。

……ここまで話しておいて難ですが、このモデルの残念なポイントをお話ししましょう。
そう模型自体の出来も良く塗装も問題ありません、動力ユニットだってスローは効きますし、想像よりも音は静かです。(※個体差があります)
ただですね――

NEC_0212.jpg 
連結間隔が長い!?

おそらくはミニカーブレールを通過可能にするためなどの兼ね合いなのでしょうが、あまりにも連結する為に使うドローバーが長いのです。
ちなみに本体付属のドローバーも動力付属のドローバーも長さは変わりません
ちょっと現実的でない車両間というか、単純に不格好なこともあってどうにかしようと考えました。
思いついたのはBトレのSHG・SGフレームなどに付いているドローバーだったのですが、使う分には短く曲線を曲がれません。
帯に短し襷に長し……暫定的にドローバーを強引に潰して伸ばして使うことに決めたその時!

某掲示板でBトレの余剰パーツを使った解決策が書かれていました、勝手ながら紹介させていただきます。
(※加工などは自己責任でお願いします)

NEC_0237a.jpg ↑左SHGフレーム 右NewSGフレーム(?)

赤い丸部分にある「自動連結器」のダミーカプラーを使用します。
最近発売のBトレには付いていると思います、ドローバーが短い頃のダミーカプラーは短いので注意です。

NEC_0239a.jpg 
このダミーカプラーの”C”の部分をカッターなどで薄く削ります。
(※刃物扱いにはお気を付けください)
二割ぐらい削ればいいかもしれません。
すると付属のドローバーよりも圧倒的に連結器間隔が狭まります。

NEC_0241.jpg Before
NEC_0240_20170130082003cec.jpg After

いいですね!
ただ実感的な間隔にはなりましたが曲線の通過性能はどうか、気になるところですね。

NEC_0242.jpg 
MMF0001.gif
※お試しgif

我が家の基本レイアウトであるTOMIXのカーブレール243Rは特に問題なく走れます。
……見た目にはギリギリなので、傷つくことが気になる方は不格好でも付属のドローバーを使うことをオススメします。
さてミニカーブレールはどうでしょうか。

NEC_0243_20170130082006742.jpg 
MMF0002.gif 
※お試しgif

……一応止まることなく走れますが、車体が擦れる可能性があるのでこれまた自己責任ですね。
それでもこの実感的な連結器間隔で走れるのはいいですねえ、気づくと塗装がハゲているリスクもありますが走ってナンボですから。

ともかく我が家に新しく、走れる連結車両の路面電車がやってきました。
ちょくちょく走らせようと思います。

<続く>
スポンサーサイト

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/01/31(火) 01:20:00|
  2. 鉄道コレクション
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<鉄道コレクション #3 JR101系南部支線 晩年仕様 | ホーム | 鉄道コレクション #1 富井電鉄17m級大型電車A・B>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://60616064kei.blog9.fc2.com/tb.php/287-a7774b5d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)