キラワケブログR ~アニメと鉄道とごく稀に創作~

アニメや鉄道な日々を思い出した頃に綴る日記。

青春18切符日本縦断旅2010 #5 三日目 JR東日本 直江津→東能代

直江津駅スタートです。
西日本区間も終わり、JR東日本区間に突入します。

DSCF2598.jpg ↑向かいホームに止まっている189系「快速 妙高

長野・直江津旅行は何度も行きましたが、結局189系使用の妙高に乗ることは叶いませんでした。
何度か駅などで対向列車などで見かけはしたんですけどね、微妙に運転時間と噛みあわずに乗り逃してしましました。
その代わり今回の旅では――



DSCF2601.jpg ↑485系「快速 くびき野

485系!
 
信越本線の直江津駅から新潟駅まで特急車仕様の快速一本で行ってくれる、青春18きっぱーの強い味方「快速 くびき」がやってきました!
おそらく「特急 いなほ」などの間合い運用だったのでしょうが、なんとも乗り得な列車で特急車座席を新潟駅まで堪能出来ました。
写真の通りの上沼垂色の電気釜、1500番台か国鉄色に乗りたかったなんて今ではまったく贅沢な話ですね。

新潟駅ではしばらく休憩、駅周辺をブラブラしますがそこまで時間もないので観光とまではいけません。
ドコモショップで電池残量の怪しかった携帯の充電などをして、白新線の115系に乗り込みます。

DSCF2603.jpg↑乗った列車ではありませんが、同系列・同塗装の車両です 

DSCF2608.jpg ↑現在は地味に絶滅してしまったAU712冷房車を撮れてよかったです

上の写真の塗装はキムワイプなどの愛称で呼ばれる新潟色で、確か乗ったのは115系ユニットサッシ車の4両編成だったはずです。
沿線は田畑が広がっていて平常時なら楽しめたでしょうが、いかんせん三日目ということもありヘトヘトで余裕もなかったのです。

DSCF2614.jpg 

そうして村上駅で羽越本線のディーゼルカーに乗り換えます。
ここでJR東日本の直流区間が終わって交流区間に突入することもあり、この駅が電流方式の違いによって起こる境目の”デッドセクション”です。
上を見上げれば電線があるのに走るのは気動車というのは、交直流車をわざわざ作って投入のは勿体ないし、かといって交流車を新潟支社がこの区間の為だけに持つというのも違うということで他の線区でも運用できるディーゼルカーを使っているようですね。

DSCF2605.jpg ↑やってきたのは新旧新潟色の編成でした。

ぶっちゃけ新新潟色って完全に東海色の成り損な(以下略)

DSCF2618.jpg 
越後寒川駅で特急の待ち合わせの為に長時間停車します。
数十分だか経って――

485系いなほが 

DSCF2619.jpg 
キマシ

DSCF2620.jpg 
タワー!

……案の定上手く撮れませんでした。

そうこうしてディーゼルカーに揺られて酒田駅で乗り換えます。

DSCF2623_2017021103235128d.jpg ↑酒田駅?には首都圏色のキハが止まっていました、こっちに乗りたかったですね。

どうやらこの駅が新潟支社と秋田支社の境界で、車両の管理などもキッパリ別れているようです。
これまで電化路線を走っているのにディーゼルカーに乗っているという不思議な感覚でしたが、ここでようやく電車に乗れるようです。


B-HUmkyCEAALI9k.jpg 
↑※写真はまったく別の機会に撮った秋田駅の奥羽本線車両です。

701系のロングシートで、いよいよこの旅もラストスパートです。
当時はもうクッタクタなので写真なんて撮っていませんとも、とにかく東能代までたどり着かないといけないのですから。

秋田駅で乗り換えます

B-HT7eCCcAAwZ06.jpg 
↑※701系写真と同じタイミングで撮ったもので、更に秋田新幹線ホームのものです。

ここで羽越本線の701系から奥羽本線の701系に乗り換えるものだと思っていましたが、乗る列車はなんと――

DSCF2672.jpg ↑※もちろんこの写真もその時に撮ったものでなく、この旅の数日後に撮ったものです

五能線で使われるキハ40系列の編成が秋田駅ホームには止まっていました。
これまた電化路線なのになぜにディーゼルカーなのかと思いましたが、奥羽本線の終電であり五能線車両の送り込み回送も兼ねた列車だったのでしょうね。

既に車窓は真っ暗で、この列車に乗れたことでこの旅に行程に必要な列車すべてに乗車することが叶いほっとしました。
そして終点東能代駅に着きます。
どうせ五能線車両なら、このまま走って帰省先の最寄り駅まで走ってほしいものですがそうもいきません。

東能代駅で待っていてくれた家族の車に迎えられて、帰省先へと自分は向かいました。
三日かけた横浜から四国、四国から金沢、金沢から秋田までの青春18切符日本縦断旅はようやく終わりを迎えたのです――

<終わり>




ません。
一応この旅はこれで終わりですが、帰省先でも田舎特有の暇を持て余した自分が少し列車に乗ります。
次回こそ本当の縦断旅2010編最終回です。

<next 五能線>
スポンサーサイト

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/02/14(火) 00:00:00|
  2. 青春18切符日本縦断旅2010
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<青春18切符日本縦断旅2010 #6 番外編 JR東日本 五能線 | ホーム | 青春18切符日本縦断旅2010 #4 三日目 JR西日本 金沢→直江津>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://60616064kei.blog9.fc2.com/tb.php/297-bd949212
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)