キラワケブログR ~アニメと鉄道とごく稀に創作~

アニメや鉄道な日々を思い出した頃に綴る日記。

五能線2014(一部区間不通時)&五能線2015

続・五能線編です。

五能線2014(一部区間不通時)



五能線は2014年の8月、一か月間一部区間が不通になりました。

wikipediaより
>2014年(平成26年)
>8月6日 5日からの大雨の影響で、岩館 - 大間越間の第2板貝トンネル付近で路盤の盛り土が流出し、能代 - 川部間が朝から運休。16時35分に鰺ケ沢 - 川部間が運転再開。
>8月7日 能代 - 岩館間、深浦 - 鰺ケ沢間が運転再開。
>8月8日 岩館 - 深浦・鰺ケ沢間でバス代行輸送開始。
>8月30日 岩館 - 深浦間が運転再開し全線で運転再開。

ちょうど帰省のタイミングと被ってしまい五能線は一駅も乗れず・列車も撮れず仕舞い。
ただでは転ばない自分は帰省先の最寄り駅こと陸奥岩崎駅に足を運んだのです――

NEC_0003_2017021619150172e.jpg 

NEC_0002_20170216191500431.jpg 

行った時には列車ダイヤに添った代行バスがちょうど着ている頃でした。
この時バスの待合用に駅舎が解放されています。

NEC_0004_2017021619150274d.jpg ↑川部側ホームの端から撮った写真
NEC_0011.jpg ↑前回記事で言っていた貨物ホーム跡っぽい駐輪場です、完全に積み下ろしとかしてそうですね。
 隣のホームとの幅からしても線路が駅舎の前まで延びていた可能性がありますね。

なんと不通になってからまだ三週間しか経っていなくとも草が生え、線路は赤錆びています。
この時は少し驚きました、訪れたタイミングが全線運転再開数日前とはいえ列車が通らなくなってから三週間で鉄路は錆びてしまうものなのですね。

* *

五能線2015

と、言っても写真はたった数枚だけです。

いつもは夏の帰省なのですが、祖母が急逝により葬式・火葬の為に新幹線と在来線を乗り継いでいつもの帰省先を冬の二月に目指したのです。

B-HT7eCCcAAwZ06.jpg 
前々回記事に出てきた秋田新幹線ホームの写真はこの時のものでした。

NEC_0637.jpg ↑秋田駅で撮った長物車のチキ? かと思います。

B-HUmkyCEAALI9k.jpg 

これまた前々回の写真で出てきた701系。
秋田新幹線からはこの奥羽本線に乗って東能代を目指します。

NEC_0956.jpg 
実は五能線らしい写真はこれだけです。

真冬の秋田(青森)かつ祖母の葬式に向かう最中なので写真を撮る元気も気力もありません。
この時川部方面の列車は「悪天候に弱い五能線」ということもあり、運転するかも微妙だったのです。
ちなみに一本前の叔母が乗る予定だった列車は運休し代行バスだったこともあり、結果この列車に乗れたのは奇跡でした。

NEC_0952.jpg 
↑東能代駅ホームの待合にて。

待ち時間があったので待合所に足を踏み入れましたが、そこにはこんな運転台一式が。
キハ58 23というのはキハ58の若番号かつよねしろ用の車両だったはずですね。
こんな形で残っているとは思いもよりませんでした。

そうして運転された列車に乗って吹雪の中帰省先に向かったのです――

<終わり>
スポンサーサイト

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/02/17(金) 00:00:00|
  2. 五能線・津軽鉄道ほか
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<五能線2009・津軽鉄道2009 | ホーム | 青春18切符日本縦断旅2010 #6 番外編 JR東日本 五能線>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://60616064kei.blog9.fc2.com/tb.php/299-8f910a56
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)