キラワケブログR ~アニメと鉄道とごく稀に創作~

アニメや鉄道な日々を思い出した頃に綴る日記。

五能線2009・津軽鉄道2009

続々・五能線編です、がこれまでの写真で時系列が一番前になります。

五能線2009

DSCF2359.jpg ↑ウェスパ椿山駅にて。



DSCF2361.jpg DSCF2360.jpg


探したらキハ40の首都圏色の写真がありました!

といってもあまり褒められた写真ではありませんが……。
というかタブレットガードが付いています、五能線はこの時既にタブレット閉塞式でなくなっているはずですが現物が残っていたんですね。

 DSCF2366.jpg↑家族の車で追いながら撮った写真 

やっぱり首都圏色はいいですね。

* *

津軽鉄道2009

DSCF2339.jpg

JRの五所川原駅ですね。
この駅は津軽鉄道に接続しています。

DSCF2349.jpg津軽五所川原駅 

なかなかにレトロな駅舎ですね……。

DSCF2345.jpg 
木造などではないですがこの跨線橋も雰囲気ありますね。

DSCF2344.jpg ↑タム501+キハ22027?

このタム501は元国鉄タム500で、かつては大量に存在した車両も稼働するのは当車だけのようです。
あとは貨物鉄道博物館に1両が残るのみで、貴重な存在ですね。

DSCF2322.jpg ↑キハ22027?+タム501

DSCF2329.jpg DSCF2325.jpg

津軽鉄道に3両譲渡された国鉄キハ22の内の1両です。
既に物置と化していたので引退済みだったのかもしれません。

DSCF2337.jpg 
オレンジ色の津軽鉄道の主力車こと津軽21形が車庫付近には止まっています。

DSCF2341.jpg
↑新旧気動車
 
DSCF2315.jpg ↑津軽鉄道ワム5

これまたレアな貨車で、国鉄ワム1の同型車のようです。
京都鉄道博物館に展示されているワム3500型の元となった車両で、車軸以外の差はあまりないとか。

DSCF2334.jpg↑津軽鉄道DD352 

津軽鉄道には同型車のDD351が存在しているはずですが、差異として正面に中央窓があるか排気塔があるかで区別が付き写真の車両はDD352のようです。

あとはイマイチちゃんと説明できないので写真サムネだけおいておきます。

DSCF2331.jpg DSCF2332.jpg
津軽鉄道ナハフ1202か1203

 DSCF2316.jpgDSCF2327.jpgDSCF2324.jpgDSCF2323.jpg 
津軽鉄道オハ46かオハフ33

津軽鉄道は幼少期に「真夏のストーブ列車」に乗った思い出があります。
真夏の車内でアイスを食べたりダルマストーブでイカを焼いたり、なかなか面白い列車だった気がします。
当時は各駅に自社発注者のキハ24000型が残り、津軽中里に元国鉄キハ11のキハ24025か24026が残っている頃でした。
金木駅にはスマップの香取慎吾が塗装デザインしたキハ22があったりしましたね、その時の写真は母親が撮っていたはずですが残っているか微妙です。

紹介した旧型車は今もいくらか残っているのでしょうか、これらを撮ってからもう8年経っていますからさっぱり分かりませんね。
また乗りに行ける機会があればいいのですけども。

<終わり>

スポンサーサイト

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/02/18(土) 00:00:00|
  2. 五能線・津軽鉄道ほか
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<青春18切符仙台日帰り2009 | ホーム | 五能線2014(一部区間不通時)&五能線2015>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://60616064kei.blog9.fc2.com/tb.php/300-2eeacb34
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)