キラワケブログR ~アニメと鉄道とごく稀に創作~

アニメや鉄道な日々を思い出した頃に綴る日記。

京急ファミリー鉄道フェスタ2004

いきなり三日連続の実車写真記事をあげましたが、というのも古いパソコンから結構な量の鉄道実車写真が発掘されたのです。
主に自分が幼少期で、親に連れてもらった際に撮ってもらったものが殆どのようです。
正確には古いパソコンからCDに偶然移してたデータなのですが……古いパソコン自体は数年ぶりの起動で完全にヘソを曲げてしまいました(泣)



P5300007.jpg 
P5300006.jpg P5300004.jpg
↑旧型車は車内解放もあってか大人気で車両単体で写真なんか撮れません

京浜電気鉄道デ51です。
正面五枚窓の卵型丸妻車体がなんともオシャレな車両でした。
車両センターの隅に車体だけ残っていたものを復元したというのですから、すごい話ですね。

現在の京急電鉄が大師電気鉄道ルーツの京浜電気鉄道と湘南電気鉄道に別れていた頃の1924年に製造された車両だそうです。


P5300026.jpg 
P5300002.jpg P5300025.jpg

湘南電気鉄道デ1です。
窓の大きな京急はこんな古い車両からだったんですね。

そんなこのデ1形は1930年に製造が始まり、姉妹形式含めデハ230形となって琴電に譲渡され数年前まで現役だったというのだから凄い話です。
KATOのデハ230は欲しいのですけども、販売形態が特殊なので手が伸びず……普通に2両セットだしてくだせえ……。

このデ1・デ51の2両がなんとみなとみらいに出来る京急本社の1階に保存展示される”かもしれない”のだとか。
みなとみらいだったら月一回は通いますね(笑)

P5300016.jpg

P5300021.jpg  
P5300020.jpg 

デト17・18形の更新前も撮っていました。
台車やヘッドライトやパンタグラフが違います……写真では分かりづらいですが。
一部部品は京急初代800形……ではなく、デト17・18に関しては京急旧1000形の初期車ことBグループのものが使われているようです。

P5300028.jpg
↑さりげに左に映る811編成も既に過去帳入りですね

そして写真にかろうじて残っていた京急1071編成!

そうそう、この編成なんですよ! 久里浜工場と京急久里浜駅間でシャトル運転していたのは!
翌年には廃車されているのでギリギリ乗れ・撮れたということですね。

NEC_0281.jpg 
つい鉄道コレクションでも手に入れてしまいました。

NEC_0282.jpg  
そういう訳でわりと思い出深い編成だったりするのです。

<終わり>

おまけ:
P1010002_1.jpg 
まったく別のタイミングで撮った京急700形の運転台のようです。
外見写真が残っていないのが謎です……。
スポンサーサイト

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/04/26(水) 00:00:00|
  2. 博物館・フェスタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<鉄道模型再収集開始 番外編#7 失敗のはなし | ホーム | 茨城交通2005・2007>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://60616064kei.blog9.fc2.com/tb.php/328-0bbeba0f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)