キラワケブログR ~アニメと鉄道とごく稀に創作~

アニメや鉄道な日々を思い出した頃に綴る日記。

鉄道模型再収集開始 #47 KATO キハ35 900(首都圏色)

NEC_0370.jpg 
ギンギラギンにさりげ・・・なく?

さりげないどころか、分からんがな!
ということで、じわじわ増えるキハ35系列も一応ひと段落しそうな車両の入線です。

NEC_0372.jpg 
キハ35系列の中でもかなり思索的要素が強く、なおかつ当時は先進的だったステンレス製のキハ35 900番台――の成れの果てです。
本来は屋根上にあるベンチレーターのように屋根から側面に正面に至るまでギンギラギンなステンレスむき出しの銀色だったそうですね。

NEC_0397.jpg 

いわゆる新しい車体の材質の採用は、塗装の省略や軽量化などを見据えたものでした。
しかし正面もギンギラギンにしたことで対向車線からは反射で視界が遮られ視認性が悪いなど、現場での評判は決してよいものではなく、美しいステンレスの銀一色から正面に朱色の警戒帯がまず入れられます。
更に当時は今のように優れた洗剤がなく、洗浄頻度が少ないこともあって排気などの汚れがステンレス車体に固着し、鋼製車体よりも余計手間がかかり見栄えも悪かったとのことです。
そして無塗装ということから、当時は当たり前のように存在していた鉄道の塗装工の仕事も奪いかねないということから不評な車両でもありました。
といったことから、結果ステンレス車体であってもこのように他の鋼製車体に倣って首都圏色に塗りつぶされてしまいました。

NEC_0371.jpg 
時代が早すぎたんでしょうねえ……。
結局面影は側面に巡らされたコルゲートと、かろうじてベンチレーターが銀色で残ることが、かつてのステンレス車を彷彿とさせるものとなりました。

と、まあこんなウィキペディアに書いてありそうな情報はどうでもいいとして。

NEC_0389_20170601200516dd6.jpg 
ということで比較用に左に普通のキハ35を。
右の900番台はコルゲートが光っています、正面も補強の有無などの差異がありますね。

NEC_0392_2017060120051657a.jpg
 ↑↓左900番台 右0番台
NEC_0391_20170601200626a86.jpg  
正面のみならず妻板にもコルゲート、というよりも縦にビートが入っているんですね。

900番台、本来ならギンギラギンな無塗装の登場時が欲しいのですが市場に皆無です。
かろうじて残っていた首都圏色も余裕こいていたら某店の新品在庫も無くなり、偶然新古品店で出会い購入に至っています。
900番台は走った地域がかなり限られ、房総・高崎(八高線・足尾線)・相模線というもので西日本地域の気動車などとは相性が悪そうですがこまけえこたあ(以下略
キハ35系列やキハ17と連結して楽しめば良さそうです、もっともTNカプラー連結改造をしていないので今はキハ35系列との連結専用ですが。

いつかシルバーな900番台を3両ほど買って、どこからかキハ35の動力を調達してオールシルバーな3連など走らせてみたいものです……再販頼みますよKATOさん!

NEC_0402_20170601200552ccd.jpg 
気動車も充実してきましたね。

ようやく撮りためていた模型写真も紹介しきりました、
実車系写真はタンマリあるのですが、それはまた時間がある時にでも。

次回はもしかしたら一か月遅れの新製品レビュー……かは微妙ですね、小粒なもので。
もう一つの再版と一緒に紹介することになるかもしれません。

<続く>

おまけ:
P1010038.jpg 実車です!

これが例のサルベージした写真群の中の一枚なわけですね、展示数の割に写真点数は少な目ですがいつか紹介出来たら。
ちなみにキハ35 900はこれ一枚なのです……今行くとすればもうちょっとあちこち撮りたいものですがねえ。
スポンサーサイト

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/06/04(日) 00:00:00|
  2. 鉄道模型(気動車)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<鉄道模型再収集開始 #48 TOMIX/KATO 貨車まとめ09 | ホーム | 鉄道模型再収集開始 #46 KATO 旧型客車02(31系・35系客車)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://60616064kei.blog9.fc2.com/tb.php/338-c62fe11b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)