キラワケブログR ~アニメと鉄道とごく稀に創作~

アニメや鉄道な日々を思い出した頃に綴る日記。

鉄道模型再収集開始 #50 KATO C11


さて50回目なわけですが、”50”をかけた上に前回のおまけ写真で後部がチラっと見えた車両から察するに――

C50だな!

NEC_0483.jpg 
※違います。


いや……最後の写真どう考えても映ってたのタンク機関車の後部ですし、どう見てもC50のテンダには見えませんし。
本音言えばC50欲しくないわけがないですけども、重連非対応に定価では二万円のあのお値段には手が出ません……予告じゃないですからね、こればっかりは
実は某所にC50の旧製品がありましたが――べ、別にスルーしたのはリニューアル版C50購入の布石とかじゃないんだからね! 
ライトが点かないのが不満だっただけなんだからね!

NEC_0448_20170616030251403.jpg↑この写真のナンバーと最初の写真のナンバーが違いますが、それは後述 

NEC_0494_2017061603024873a.jpg 

……まあ茶番はここまでにして、ということで茶番として扱うには失礼すぎるあまりにも良く出来ていて気に入ったKATO C11です。
実際この模型の気に入りぶりはこれからの画像点数でお分かりいただけるかと思います。

NEC_0477_201706160302574bd.jpg ↑重連対応アーノルドカプラーを装備、これでバック運転も出来ます

#38で確定予告を出していたC12再販ですが、まさかの一か月延期……割と本気で残念です。
6月中にはKATO D51旧製品以来の蒸気デビュー二学期デビューとなるはずが、予定が狂ってしまいました。

NEC_0479.jpg ↑後ろから見てもカッコイイ
NEC_0480_2017061603030153b.jpg NEC_0481_20170616030236f3a.jpg 
 ↑横から・上から見ても良いですね
NEC_0487.jpg 
↑後ろから(ry

ここでは話していませんが、TOMIXのC11は一時期購入候補でした……が、走行の評価があまりにもあんまりなので候補から脱落しています。
更にKATOは素晴らしい出来に素晴らしい走行性能とのことでしたが、ミニカーブ非対応というのでスルーするつもりだったのです。
ということで某所で聞きつけたことによると、マイク○エースの9600がテンダ機にも関わらずどういうカラクリかミニカーブを通過可能とのことで。
この満たされない蒸気欲を9600で晴らそうとしますが、まあ一番新しくて6年前の製品ですから新品在庫なんて見つかりません。

NEC_0450_20170616030254e90.jpg 
……いや本当のところは9600売っていたんですよ、某新古品店で。
だけどもライト不灯というのが致命的すぎて、いやあライト点かないならどっかにしまい込んだD51引っ張り出しますとも。
それにググって調べてみると9600の重連カプラーが連結間隔の空く不格好なものというのも、ほんのちょびっと購入意欲が減退しました。
ということもあって新古品店を彷徨っていると、何故か新し目の新製品のはずのKATO C11 リニューアル仕様がショウケースの中に。

NEC_0425.jpg ↑黒のC11と黒いタキ3000が似合わないはずないですね

この新古品店の良さというのは自分で納得するまで車両の検品・試走が出来てかつ新品より安く買えることがあるのが強みです。
最近気になり出したC11は人気なこともあって軒並み完売、通販で入手できるとしても定価ぐらいになっていたと思います。
そんなC11が新古品店では新品最安値レベルで売っていたのですから、検品・試走次第購入するわけですね。

実際一つ目の検品はサイドタンクのよーく見ると気になった部品欠けで、二つ目は部品欠けが見つからず走行もまるで問題なしで購入決定です。

NEC_0462_2017061603025688b.jpg ↑黒い老兵同士のツーショット

で、購入後家で走らせてみると――

たまりません!

いやあ、ロッドがカシャカシャ動きながらもライトが点いて、それも静かに安定感あって走る様は最高すぎます。
というかこのC11、どれだけ作り込んでいるのかと正気を疑ってしまいます(褒め言葉)。
自分の持っている鉄道模型の中で一番精密に出来ています、だからこそ扱いが怖いのについつい箱から出して気が向いたら走らせてしまう……魔性の模型ですね

NEC_0493.jpg 
NEC_0488.jpg はぁ……(うっとり)

本当にまじまじと見ていると時間を忘れそうです……Nゲージってここまで進化してたんですね。
デカイ・ライトが点かない・安い……のD51旧製品以来の蒸気機関車なのでショックでした。

ここまで良く出来ていても、ミニカーブ・ミニ電動ポイントへの入線が全くの不可能ということだけが惜し過ぎます。
対応するカーブが見た目と裏腹にTOMIX72系やKATO101系と変わらないというのも、少し不満と言えば不満でありますが。
それでもこの出来ならまあいいやとも思えてしまいます、曲線通過性能よりも作り込みを優先したのですから何も言えるわけがありませんね。

NEC_0456.jpg 
んー、黒貨車+旧客がとてつもなく似合う

特に黒で揃うからかもしれませんが、黒貨車を牽かせると悶えます

NEC_0484.jpg 
おおおおおおお!

NEC_0485.jpg 
あああああああ!

たまりませぬ!

そんなこんなで走らせては写真ばっかり撮っています、被写体として最高です。
ミニカーブ非対応だからスルーしかけていたのが勿体なさすぎました、買ってよかったですね。

後述すると言っていた二通り存在するナンバープレートの件ですが、別にC11を2両買ったわけでなく、写真撮影後にナンバーを振り替えているのです。
個人的には心臓バクバクなナンバープレートの取り付けは一度目は普通に失敗、二度目は成功したと思いきや写真で見るとバリが残っているせいでハマりきらず浮いているのが気になります。
ということから最初からやり直し、最終的には三度目のC11 223に落ち着いています。
大湊のカマらしく、行ったことはありませんが東北ならなんとなくいい気がします。

NEC_0492.jpg 

しかしこうも素晴らしい製品を目の当たりにすると、この製品の礎を作ったと言えるC12がとてつもなく気になります。
C12入線後の暁にはC11との重連などの夢が膨らみますね。

牽引できる機関車を購入すると旧型客車もちまちま集めたくなります……35系戦前型とか32系とか手に入らないものでしょうかね。
今はTOMIX スハフ42+オハニ36やKATOオハニ30+オハ31+ヨ5000のような編成で楽しんでいます。

ということで本当にこのC11気に入りました、この製品ベースで大井川のC10 8なんて出された日には……出してください!
記念すべき50回目は撮るのが楽しかったこともあり、写真もりもりでお送りしました。
次回は……これまでの車両などにまったく脈略のない車両の紹介で、一応今月始め購入分の模型記事はひと段落です。

<続く>
スポンサーサイト

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/06/17(土) 13:00:00|
  2. 鉄道模型(機関車)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<鉄道模型再収集開始 #51 KATO スーパーエクスプレスレインボー(ジャンク) | ホーム | 鉄道模型再収集開始 #49 KATO 貨車まとめ10>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://60616064kei.blog9.fc2.com/tb.php/341-d5d765f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)