キラワケブログR ~アニメと鉄道とごく稀に創作~

アニメや鉄道な日々を思い出した頃に綴る日記。

鉄道模型再収集開始 #69 KATO 飯田線シリーズ03 クモハ54 100+クハ68 400

NEC_0886.jpg 
飯田線んん!



NEC_0853.jpg 

#62
>多分新古品店にクモハ54 100のセットあったら買っちゃいますし

案の定!

NEC_0876.jpg

NEC_0883.jpg 

実は某所で新品定価二割引での購入を検討するぐらいに迷っていたのですが、某新古品店で5.4kで売っていたこともあり即決してしまいました……クモハ54だけに!
このセットは飯田線シリーズの中でもひと際綺麗に揃った編成ですね、どちらも40系をルーツとする車両になっています。
かつ両車ともリベットレスなのでスマートな印象を受けますね。

NEC_0875.jpg 
クモハ54 133
NEC_0891.jpg 
クモハ54 100番台の中でも40系クモハ60をルーツとする車両で、40系の片運転台車クモハ41の出力増強仕様がクモハ60になるそうです。
それをセミクロスシート化改造したことでクモハ54系列に編入されて100番台を名乗ることとなったとか、100番台で133番はラストナンバーです。
側面戸袋窓がHゴム化されていないので整った印象を受けますね、このセットではこの車両がM車になります。

NEC_0887.jpg↑上クモハ54 133 下クモハ54002 

クモハ54原型車と比べてみると、やっぱり扉間の窓の数が異なりますね。
窓の数の違いはクモハ54 100番台が元はロングシート車の40系であり、0番台がセミクロスシート車として落成したからなのでしょう。

クハ68 414
NEC_0890.jpg 
元40系クハ55半流線形をルーツとする車両で、のちにクハ68化し最終的にトイレ設置で414を名乗るようになりました。
クハ68の400番台というと、40系ルーツで晩年まで残ったのは412・414・420の3両でKATOからは3両ともに製品化されています。
この3両ともに違う形態でして……412はクモハユニにセット、414はこのセット、420はクモハ53007にセットされています。
今回のクハ68 414は一見助手席側の窓が原型の二段窓を残しているように見えるのですが、よーく見ると――

NEC_0888.jpg 
画像を撮るのが難しかったのですが、二段窓なのに段差がないのが分かるでしょうか。
つまりは二段窓””でしかない、一枚窓なのです。
これは実用上二段窓を再現する……とは考えにくく、単にデザインでそうしたのでしょうか? なんとも謎ですね。
ちなみに412は助手席側は完全な原型二段な上に幌受が設置されていない”関東形”が再現され、420に関しては助手席側の窓がHゴム化された姿木枠一枚窓
3両ともに異なる三者三様具合が旧型国電のそれも飯田線の楽しさなのかもしれません、それをちゃんとKATOは作り分けてくれるわけですから売れるわけですね。

NEC_0884.jpg 
以前購入した飯田線シリーズを組みあわせて編成!

編成としては――
クハ68414+クモハ54133+クモハ54002+クモハ61004+クハユニ56002
といったもので、飯田線全線走破可能な直行編成に2両編成を増結! ……という設定です。
本来クモハ61004の相方は基本クハユニ56004だそうですが、手持ちにいないのでクハユニ56002で代用します……もしかしたら実在した組み合わせかもしれませんけどね。

製品自体のレビューですが、旧型国電シリーズ(似たような機構の101系も含みます)の動力は割とピン切りな印象を受けます。
今回の場合は普通……でしょうか、前回の3両セットに含まれていたクモハ50002がひと際静音でスローが効いていましたが、こちらはスローはそこそこでそれなりにいい音がします。
といってもノイズが出るほどでもなく、多分これは仕様なんだろうなと許容できる範囲でもあります、意外と注油すれば良くなるかもしれません。
ライトも問題なし、欠品なしで擦り傷なども見られなかったことを確認しての購入をしています。

さてこうして飯田線シリーズも充実してきました。
今回のセットはスタンダードな編成だけに連結相手を選ばないことも○ですね。

NEC_0880_20170823030904ab5.jpg 
NEC_0892.jpg 

そんな飯田線シリーズもクモハユニ茶セットは予約済み、クモハ53007は予約一歩手前まで来ています。
というのも某ジョー○ンのクーポンを使って安く手に入れようという魂胆があり、おそらく今月中には予約することと思います。

ということで模型はもうほぼネタ切れです!
正確には未紹介のものがありますが、1両だけでは少し弱いので抱き合わせで記事にしたいところですね。

<続く>



おまけ:

そういえば#61で問題になっていたクモハ42とクハ47 100の劣化した車輪ですが、のちにスポーク車輪を購入していました。

NEC_0839.jpg 
ユニクリーナーやオイルのほかに鶴見線なるものが書かれた謎のブックケースがありますが――

NEC_0851.jpg 

クモハ11セットほかの収納用です、発砲ケースからいちいち出し入れするのがかったるかったこともあり正規品を購入しました。
鶴見線シールをペタっと貼ってクモハ11セットとクモニ13を収納しています。

本題の車輪交換に戻って、4両分の車輪ですが今のところ急務なのはクモハ42とクハ47 100ということもありさっそく交換してみました。
集電は流石に問題ありません、ではスポークの効果はというと――

NEC_0849.jpg 

NEC_0889.jpg 
微妙!?

まあ台車に隠れちゃうので凄い実感的! というほどでは無い気がします。
それでも少々高価ではありましたが劣化した車輪を交換出来たのでちゃんと役割は果たしているので問題ないですね。
なんにせよ効率的に欲しい車両が手に入り、状態も問題なくなったのでいいことです。

スポンサーサイト

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/08/23(水) 12:00:00|
  2. 鉄道模型(旧型国電)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<鉄道模型再収集開始 #70 河合商会 Cタイプディーゼル機関車(ブルー)3両セット | ホーム | 鉄道模型再収集開始 #68 TOMIX キハ25T(首都圏色)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://60616064kei.blog9.fc2.com/tb.php/364-79adb911
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)