キラワケブログR ~アニメと鉄道とごく稀に創作~

アニメや鉄道な日々を思い出した頃に綴る日記。

鉄道模型再収集開始 #73 KATO 旧型客車04 35系

NEC_0928.jpg  
ふえるふえる客車!



単価が安いことも手伝って売っていたらつい買ってしまう旧型客車ですが、今回は35系列です。

オハフ33(戦前型)
NEC_0936.jpg 
35系戦前型は再販予定になりましたが、某模型店で中古で一緒に売っていた戦後型オハと同じく大体1kで売っていたので入線しました。
どうやら前の持ち主が室内灯を組み込んでいたことから状態に問題はなくとも安かったようです。

NEC_0937.jpg NEC_0939.jpg

KATO・TOMIXともにモデルとなったのは戦前型の前期車のようで、リベットレスも含まれる後期車は製品化されていません。でした。

TOMIXと比べると一体成型のベンチレーターがやっぱり気になりますね。
テールライトの表現もちょっと太めで、KATO旧型客車では基本の非点灯側はモールドのみで穴さえ開いていません。
ただ検査表記が書いてあるのがアクセントになっている気がしますし、なにより低価格で揃えられるのが魅力ですね。


オハ35・オハフ33(戦後型)
NEC_0930.jpg 
戦前型に加えて戦後型のオハ2両が入線しました――が! 
何故か手元にあるのはオハ1両とオハフ1両だったりします。
以前入線のオハフ33と比べてみると……形態が違いました。

NEC_0933.jpg 
オハフ33の左から戦後型後期戦後型前期戦前型とおおまかに別かれるようで。
 左は屋根を直線にしたことで妻板が絞られたことでキノコ型になっているのが特徴ですね、以前新古品店で購入したもの(#46)です。
 真ん中は屋根と妻板が同じように絞られた戦前型の面影が残ります、これは某模型店でジャンクとして購入したもの(#31)です。
 右は戦前型で折妻かつ丸屋根になっています、貫通幌上のステップも戦前型の特徴です、これは先ほど紹介しましたね。

さて、こう写真を見ると真ん中の戦後型前期にも(一応)テールライトが表現されているのが分かりますね。
しかし#31で5861のついでに登場したKATO オハフ33戦後形(前期)を調べてみるとなかなか興味深いことが分かりました。

実はこのオハフ33戦後型前期車、実車には追記)オハ35改造車として存在していたそうですがKATOから製品化されていないようなのです。
KATOから製品化された35系戦後型は戦後型前期のオハ35戦後型後期のオハフ33となるのです。
ということは自分が手に入れたオハフ33戦後型前期車はナニモノかと言いますと……おそらくは前の持ち主によるオハ35戦後型前期車からの改造車なのです

ということからも初紹介時にはオハフ33戦後型の旧製品なんて書きましたが、そんなものは存在しませんでしたと訂正をば。

NEC_0935.jpg 
こう見ると真ん中のオハフ33にもちゃんと車掌室の小窓の表現がありますね、そして妻面にも穴が開けられテールライトを表現するクリアパーツが付けられていますが、製品にはあるハシゴは省略されています。
しかし考えてみるとオハ35にテールライトを付けるだけでは車掌室が無い為もどきにしかならず、車掌室がある戦後型前期の車体は果たしてどう改造したのでしょう?

NEC_0969a.jpg 
NEC_0969.jpg NEC_0970.jpg
↑アップしてみると切り継ぎ部分が読み取れます

多分これ切り継ぎ改造して再塗装しているんでしょうね、実際車掌室窓部分の処理は綺麗なので製品状態と考えると戦後型前期オハ35を単純に改造しただけでは無さそうです。
乗降扉部分から妻板までと屋根を戦後型前期から持ってきて、車掌室含む客窓部分は戦後型後期からのようですね。
なかなかややこしい改造がされ、更には購入時だと後付ベンチレーター化の上で台車はジャンパ線付きKATOナックルのTR47(主に43系が履く台車)というかなり手が入った車両でした。
おそらく前の持ち主はKATOからは製品化されてはいませんが多数(追記)少数派とはいえ存在する戦後型前期のオハフ33を作ったのかと思います(TR47は謎ですが)。

それらは斜め読みでも35系について勉強したから分かったことで、何気なく入手したオハフ33の特殊性と意味がようやく理解出来ました。
別体ベンチレーター付きということで無理やり屋根をお召列車一号編成の460? に移したことで部品取り状態になっていたこのオハフを余分に購入したオハ35戦後型前期の屋根と台車を移植して復活させた次第です。

オハ2両を購入したらオハ1両とオハフ1両が手元に残った理由はそういうことでした。


とは言っても復活させたオハフはテールライト機構が撤去されているのでオハフではありますが中間組み込み前提だったりします(笑)
それでも我が家の旧型客車のバリエーション充実が図られたのでいいことですね。

さて部品取りになったオハ35をどう生かしましょうか、今考えているところだったりします。


次回は貨車まとめです。

<続く>

追記:調べたはずなのですがどうにも間違いが多いみたいですね……。
   ちょくちょく追記・修正しています。
スポンサーサイト

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/09/11(月) 00:00:00|
  2. 鉄道模型(客車)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<鉄道模型再収集開始 #74 KATO/TOMIX/マイクロエース/河合商会 貨車まとめ12 | ホーム | 鉄道模型再収集開始 #72 KATO クモヤ90(M)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://60616064kei.blog9.fc2.com/tb.php/368-2a9e290e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)